VODサービスの選び方のポイント

最近では、テレビCMやネットの広告などで、VODサービスを頻繁に見かけるようになりました。

たくさんあるVODサービスからぴったりのサービスの選び方を解説します。

比較的安価な月額料金でお手軽に動画を観られるサービスが主流となっていて、その使い勝手の良さから、多くの方から普通に利用されるようになっています。

これからVODサービスを試してみようという方や、サービスの乗り換えを検討中の方にはサービスが多過ぎて、結局どれを選んだら良いのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

今回は使用するVODサービスをどれにしたらよいかわからないという方のために、VODサービスのおすすめポイントと、ご自身に合ったVODの選び方がわかるように、わかりやすく解説していきます。

今動画好きにVODがおすすめである理由

普段からドラマや映画、アニメなどの視聴が趣味である方にとって、テレビの録画やネット配信で動画などを利用されることが多いと思います。

そんな中でVODは以下の理由で、動画をよく視聴される方にとっても、非常におすすめ出来るサービスです!

  • たくさん見たり、繰り返し見ても料金は変わらない
  • 無料のお試し期間がある
  • テレビ放送の見逃し配信が観られる
  • 最新作も比較的早く観られる
  • 先行配信作品もある

VODには、配信形態がいくつかありますが、基本的には月額定額制サービスが多くなっており、その場合配信作を全部見ても、好きな映画を繰り返し見ても、料金が変わらないことが大きなメリットです。

見たい作品で考えてみると、そのDVDやブルーレイなどの購入代金と、月額でそれ以外の作品も見られるVODを比べると、そのお得さが良くわかると思います。

また現在多くのVODサービスでは、お試し期間として2週間から一か月の無料期間が設けられています。

目的としては、そのサイトの使用感を知ってもらうための期間ですが、必ずその後に月額会員にならなければいけないというわけではなく、無料期間のうちに契約の解除も可能となっています。

極端なことを言ってしまうと、今あるそれぞれのVODサービスの無料期間を利用すると、数か月は無料で様々な動画を観られるとも言えてしまいます。

またテレビで放送される番組についても、見逃し配信として見られるサイトが数多くあります。

録画の設定を忘れたり、番組変更で録画ミスが発生してしまったりした時も、VODの利用者は見逃した番組も問題なく視聴出来てしまうのです!

その他にも、最新の映画が比較的早くVOD内に追加されたり、VOD独占で先行配信作品が配信されたり、といったメリットも見逃せないんですよ!

VODはレンタルDVDと比較して、ここがおすすめ

これまで動画を楽しむサービスとして、レンタルDVDというサービスがありますが、年会費を最初に収め、お店でメディアを借りるというサービスの方式でした。

レンタルDVDもVODも製品自体を購入するわけではありませんが、使用料金を支払って動画の視聴を楽しむ部分では同様です。

しかしVODは、レンタルDVDと比較して以下のメリットがあります。

  • 返却手続きの必要がない
  • 延滞料金が発生することがない
  • 見たい作品が借りられてしまっていて、観られないということがない
  • 再生機器に関わらず、動画が視聴できる
  • 傷アリ品によって動画が再生できないということがない
  • 見たいと思った時にすぐに視聴できる

レンタルDVDは性質上、物としてのやり取りが必要になるので、品切れや故障などのデメリットがあります。

対してVODは、サイト上で視聴する動画を選ぶことから、視聴する機器・端末が壊れない限り、動画が観られないという事態は発生しません

近年ではお店によってはレンタルDVDを自宅に届けて、ポスト返却するサービスもありますが、どちらにしても手間がかかる上に、DVDが届くまでのタイムラグがあります。

もちろん、レンタルショップで直接パッケージを見て選ぶことに楽しさを感じる人もいらっしゃるとは思います。

もし、それ以外で魅力を感じないのであれば、VODでの動画視聴は本当に快適でおすすめですよ。

VODはスカパーなどのCSと比較してここがおすすめ

CSなどの有料放送は、月額料金を支払い、通常のテレビ放送では視聴できない番組が観られるという点で、VODと類似するところがあります。

ただ有料放送とVOD比較すると、以下の点はVODが優れたメリットと言えます。

  • 場所や時間に限定されない
  • 録画の必要性がない
  • 余分な放送を見る必要がない

有料放送はテレビに繋げて見なければならないことから、どうしても見る場所が固定されてしまいがちです。

また特別な放送であっても、番組表に沿って放送されているため、目的の番組を見るにはその時間帯に見るか、録画をしておかなければならないものです。

対してVODでは、パソコン以外ではスマホやタブレット端末からの視聴も可能で、比較的持ち運びが簡単で、機器など場所を選ばず視聴できるという点に分があります。

更に番組については、動画を再生する形式なので、時間に縛られることは全くないものです。

CSはスポーツの試合など、リアルタイムでの放送や、チャンネル限定の番組が用意されているなど、VODにはないメリットもありますが、多くの点ではVODの利便性が勝っています

VODは何で視聴する?端末や接続について

VODの視聴はインターネットを介することから、パソコンやスマホ、タブレット端末での視聴がメインになります。

ただインターネット環境のある家では、専用端末や接続機器を使うことで、テレビの大画面で見ることも可能です。

ただインターネット環境のある家では、専用端末や接続機器を使うことで、テレビの大画面での視聴も可能となります。

①ストリーミングデバイス

ストリーミングデバイスとは、テレビに接続することでインターネットの動画やコンテンツをテレビ側に受信させ、画面表示できるようにする機器です。

このデバイスは、テレビのHDMI端子に接続して利用することになります。

ただし、デバイスごとに対応(ストリーミング受信)されるサイトが決まっているので、自分が利用するVODサービスがストリーミングデバイスを使えるのかについては、事前にしっかりと確認を済ませたほうが良いでしょう。

また画質についても、デバイスによってフルHD、4K対応と異なるので、より綺麗な画質で見たい場合は、画質の部分についても確認すべきです。

②ゲーム機

テレビゲーム機がVODサービスに対応していると、アプリを介してテレビの画面に動画を表示させられるようになっています。

ただし旧型のゲーム機は、サイト側のアップデートの際に対象外となってしまうことがあるということは覚えておくべきです。

また、対応するサイト数もあまり多くないので、あくまで元からゲーム機を持っていた人が確認したい機能です。

2020年7月現在ではPS4が「Hulu」「Netflix」「Amazonプライム」「U-NEXT」に対応しています。

③HDMIケーブル

HDMIケーブルは、テレビ画面に動画を映すわけではなく、パソコンの画面をテレビに映し、その状態で動画を再生させるという手段です。

テレビとパソコンのHDMI端子を繋げるケーブルがあるので、これを購入して接続すると簡単に画面に写せるようになっています。

普段のパソコンでの作業もテレビの大画面での視聴は可能なので、パソコンをよく使って、そのパソコンとテレビを近い位置からケーブルで接続すると、使える場面は大きく広がりますよ!

④VOD対応のテレビ

近年のテレビでは、元からストリーミングデバイスの機能が内蔵されていることもあります。

東芝やパナソニックなどメジャーな会社からもVOD対応テレビが販売されていますが、まだまだ数は多くないので、購入していたテレビが実は対応していたということは少ないかもしれません。

次にテレビを購入する際にVODも利用したいという場合、ぜひチェックしておきたい機能です。

VODサービスの選び方のポイント

VODサービス、どれを選んだら良い?

VODサービスのお得な点や視聴する機器がわかったところで、もう一つの壁となるのがサイトの多さです。

基本的には自分の好みで選んで貰って良いのですが、その豊富さ故に目移りしてしまって選べないこともあると思います。

ここではVODサービスを選ぶ際に重視すると良いポイントをいくつか紹介していきますね。

決してこうしなくてはいけないというわけではないので、良いな!と思った方はぜひ参考にしてくださいね!

VODサービスは配信作品数で選ぶ!

VODサービスは「あの話題作が見たい」というきっかけで始めることは良くあるパターンです。

ただメジャーな作品は、多くのサイトで配信されていることが多いので、一作品のみでサイトを選ぶとなると、後々後悔してしまうこともありえます。

そんな時に良い基準となるのは、サイト全体の動画配信数です。

他で見たい作品が思いつかなくても、作品数の多いサイトを利用していると、次に見る時も選択肢が多くなるので外しは少ないです。

以下が動画配信数でのオススメのVODサービスです。

  1. U-NEXT(約16,000作品)
  2. Hulu(約6,000作品)
  3. FODプレミアム(約4,500作品)

実はVODサービスの全体配信数は必ず公表されているというわけではなく、サイトによっては非公開としているところもあります。

そんな中で配信数を提示しているサイトは、作品数をウリにしていると言えます。

「U-NEXT」は作品数で言うと群を抜いて多く、動画のジャンルも実写映画からアニメまでとても幅広く取り揃えているので、迷った時には選ぶと良いVODサービスです。

「Hulu」は海外ドラマや洋画が豊富であり、日本の作品は日本テレビで放送されている番組を中心に作品が揃えられています。

一方の「FODプレミアム」はフジテレビ系列の番組を中心にドラマやアニメなどの作品を視聴出来るようになっています。

作品数の中でも、中心となるテレビの局や、海外作品か国内作品のどちらを重視するか、このような点を重視して決めていくのも、自分にあったサービスに出会える選び方でしょう。

VODサービスはオリジナリティで選ぶ!

多くの種類があるVODサービスで、選ぶ決め手となる一つに、オリジナル番組の存在があります。

VODサービスによってはテレビ番組の未公開エピソードや、そのサイトのみで観られるオリジナル作品を配信することがあるのです。

そんなオリジナル動画を重視してサイトを選ぶときは、以下のサイトがおすすめですよ!

  1. Hulu
  2. Netflix
  3. Amazonプライムビデオ

この3つのサイトはオリジナル作品に力を入れており、一定の頻度でコンテンツが配信されています。

「Hulu」はオリジナルドラマやドキュメンタリーを中心に配信している他、バラエティ番組の未公開シーンや限定配信が魅力となっています。

「Netflix」は海外ドラマやアニメのオリジナル作品が多く、特にアニメについては、国内制作であってもこのサイトのみの配信作が多くあり、そのために登録する価値も大きいです。

「Amazonプライムビデオ」は、お笑い芸人によるオリジナルバラエティ番組が近年で増加しており、家族で楽しめる要素が満点です。

便宜上順位を付けましたがオリジナル作品以外でも、VODサービスごとに観られる動画は変わってきます。

独占配信作はそのサイト以外で観られないので、それを目的に登録するというのもアリですね!

VODサービスは同時視聴接続数で選ぶ!

同時視聴接続数は、ご家族での利用を考えている時に、とても重要な基準となるものです。

VODサービスは、子供向けの番組もあることから、子供の暇つぶしのためのアイテムとしてとても便利です。

またある程度成長したお子さんの場合、自分が見たい作品を選んで見ることもあると思います。

そうなった時、子供が見ている間に自分が利用できないとなると、せっかく登録しているのに少し勿体ない気がするものです。

それを回避するために、アカウントを追加して月額が倍かかってしまうなんて避けたいと思います。

そこで登録前に確認しておきたいのが、候補のVODサービスが複数の機器からの接続に対応しているかというポイントです。

以下が一度に接続できる台数順になります。

  1. U-NEXT(4台まで)
  2. Amazonプライムビデオ(3台まで)
  3. Netflix(スタンダードで2台、プレミアムで4台まで)

※先に紹介したHuluとFODプレミアムでは同時視聴ができません

「U-NEXT」ではファミリーアカウントという機能があり、一つのアカウントから無料で3つまでアカウントを追加出来るようになっています。

「U-NEXT」ではファミリーアカウントという機能があり、無料で一つの契約で追加で3つまで、つまり4アカウントを作れるようになっています。

「Amazonプライムビデオ」についても、Amazonプライム家族会員として2人までアカウントの追加が可能です。

「Netflix」だけは少し特殊で、プランごとに同時視聴ができる台数も変わってきます。

基本のベーシックプランでは1台ですが、スタンダードプランでは2台、プレミアムプランでは4台までの同時視聴が可能です。

このような月額でプランが分かれるVODサービスの場合、同時視聴回数も変わってくることが多いです。

また、同時視聴する時間で同じ作品を再生できない点は、どのサイトにも共通しています。

家族で長く使っていくほどぶつかりやすい問題であるので、家族全体での利用が想定される場合、同時接続できる台数も注目してみましょう。

VODを実際に使用した方の口コミ

それでは、実際にVODを使ってみた口コミを紹介していきます。

ユーザーが実際に使ってみた感想なので、VODを検討している方にはとても参考になると思います。

まず、どんなデメリットがあるのかは、VODサービスを検討されている方にとっては、とても重要な情報ですよね?

そこでまず、悪い口コミから紹介していきたいと思います。

VODサービス利用者の悪い口コミ

20代男性 : 会社員

沢山の映画やドラマが見放題ということで期待して登録しました。でも実際登録してみると、思ったほど新しい映画や人気の映画は観られないという印象を持ちました。おそらく著作権などの関係だとは思いますが、これを観たい!と思っても意外となかったりします。

40代男性:会社員

タブレットを使って観ていますが、画面が小さいため、中年おやじの眼には辛いです(笑)やはり、映画は大画面で観れるDVDやブルーレイで観たほうが良いと感じています。

30代女性:保育士

夫婦で楽しんでいます。一人暮らしの時は良かったですが、観たいものの好みが違うため、以前に比べて使う頻度が減ってしまいました。同時再生できるものだと、喧嘩しなくていいのかなぁと思います。

VODサービス利用者の良い口コミ

30代男性:会社員

元々映画は好きで、TSUTAYAなどで月2,000円位は使っていました。VODサービスを友だちが使っているのを知り、試しに契約してみました。1000円以下で、映画が見放題になるので、感動しています。レンタル時代は仕事が忙しく、どうしても延滞料金を払うことが時々ありましたが、VODであれば延滞を気にせず使えるのもいいですね。

20代女性:看護師

海外ドラマが好きで、これまでもいろんな海外ドラマを観ていましたが、どうしてもレンタルになると費用がかかっていました。VODサービスの存在を知るとこれだ!と思い、すぐに契約することにしました。契約してみると、私の契約したVODサービスでは、人気の海外ドラマが網羅されており、料金もレンタルのDVDと比較しても格安なので、凄く気に入っています。医療関係ということもあり、シフト勤務のため、友達と予定があまり合いません。なので、予定がない休みの日は朝から晩まで海外ドラマ漬けです(笑)同僚とも、好きな海外ドラマの話でもりあがっています。

30代女性:専業主婦

現在子育て中の専業主婦です。VODは子育てでも大変重宝しています。家事や料理をする時など正直子どもにおとなしくしていてほしいタイミングがあります。スマホでYOUTUBEなどを見せている方も多いと思いますが、画面が小さいことや、教育上良くない動画もあるので、抵抗がありました。そんな時ママ友にVODを使っている人がいるので、話を聞いて試しに使ってみました。今使っているものは、子ども用に制限がかけられる機能もあり、安心して子どもに見せられるようになっています。好きなアニメがかかっていると、子どもも夢中になってくれるため、家事が凄くはかどって、助かっています。

いろんな口コミがありますが、悪い口コミについては、思ったほど観たい映画がなかったという意見もありました

これはサービスによっては視聴可能作品も多いものもあるので、物足りないと思ったら、配信作品が多いものを選ぶと良いでしょう。

良い口コミは、レンタルショップに比べて安い、海外ドラマが低価格で観られるというものがありました。

海外ドラマ以外にも、アニメなどをレンタルで全部見ようとすると、結構料金が高くなってしまいます。アニメ好きの方にも、定額のサービスはオススメです。

確かにお子さんがいらっしゃる家庭にも、キッズ向けのアニメが多く配信されているのでオススメです!

ご自身のニーズに合ったサービスを選ぶことで、とっても快適に動画が楽しめるようになりますよ!